たびへん。
フィンランドの旅行記なり。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと2日目(その3)。
2007年 02月 10日 (土) 11:46 | 編集
いや~まだ2日目ですな。長いね。あと6日分あるよ(´∀`)y━~~ハハハ 。


本題に戻って。


えっとですね、トナカイ牧場で昼食をとってる時に、向かいに座っていた新婚さんと仲良くなりまして。

で、泊まっていたホテルにはスパ&サウナ棟がありまして。

一緒に行きませんか?という話になったわけですよ。



|゜Д゜)))今思えばご一緒させて頂いて正解でした。




待ち合わせをして4人でスパ&サウナへ。



受付で片言の英語でルームキーを提示し、入場ゲートのチケットを貰いいざ入場(駅の改札みたいな機械にチケットを通す)。

ドアには「フィンランド語」「ドイツ語チック」「ロシア語チック」の表示があるが、英語表示が今思えば無かったような…。
とりあえず「絵表示」で男性用か女性用か入り口を判断し、ドアを開ける。

まるで日本の公営プールのようなロッカールームに金髪の外人さんが水着に着替えている。(というか、ココでは自分たちが外人さんだ。)

ココで失敗が一つ。

…サンダルを持ってくれば良かった。

だって床が髪の毛だらけで汚いんだもの。

皆さんサンダル履きでした。

で、ロッカールームで水着になった私達は、その奥のシャワールームへ。

ドアを開けるとそこは………














OH!!!!















開放的すぎますヤン(ノ∀`*)。













えっとね、シャワー室はカーテンが無く、しきりもごく申し訳なさ気程度にあるシャワーがずらりと。設備的にはセンサー式のシャワーなので、綺麗ですが…。

何が面食らったかというと…。



スパを終えて帰ってきたであろう人々がフルヌードであちらこちらにいらっしゃいます。


まぁ、日本の温泉と変わらぬ光景かと。

でも日本で言うプールから帰ってきてフルヌードでシャワー浴びてる女性を見てるとさすがに抵抗が。(日本ではプール後水着でシャワーを浴びて更衣室で着替えですものね。)



でも郷に入れば郷に従え。ということで。



スパ後はウチらも倣いましたよ。



スパ自体は日本の25mプールとジャグジー付きのおっきいお風呂と幼児プールがある程度。


しかもこのジャグジーがぬるい。

スパ=温泉ではないんですな。
スパ=プールだったようで。


日本人観光客もちらほら見受けられます。


で、スパ後はお楽しみのサウナ。

サウナの国、フィンランド。

フィンランドといえばサウナ。



サウナの入り口にはこれまた英語表記は見あたりません。

何となく判別出来たのは「ミストサウナ」の入り口と、「普通のサウナ」の入り口があること。

しかもどちらの入り口にも水着マークに×印が大きく書かれています。



『あ、水着着用禁止なのね…』



もうフルヌードな人々にも慣れてきた頃。


逆に日本人観光客がバスタオルを身体にまいてシャワールームをうろうろしてる方が目立つ様に感じるほど。



一緒にいた方が『ミストサウナ行きましょう!』というので、私がドアを開け、彼女が後からついてきました。


ドアは磨りガラスのドア。













んんんんんんんんんんん???????????













気のせいかな????????????????













ミストサウナなのでよく見えませんが、なんかもやーっと向こう側に同じようなドアが見えるの…。












磨りガラスドアの向こうにはもう一個同じドア…

その先には人影がうごめいてるの…







?????????????????






その時、後ろにいた彼女が小声で『戻りません?戻りません?』と聞いてきます。


周りを見渡しても霧でよく見えませんが、人の気配は感じません。



『え?なんでなんで???』


『いいから戻りましょう!!!!』






というわけでシャワー室に戻る。








『どうしたの???』と聞くと…




『外人のおっちゃんが座っていました…』














(((((( ;゜Д゜)))))














え?サウナって混浴?????














しかもそのおっちゃんはご丁寧にも水着着用していたそうな。








_| ̄|○<外人さんにフルヌード披露しちゃった日本人。














因みに「普通のサウナ」の方は女性オンリーだったので、そこに入ってプチミーティング。

・水着駄目って書いていたじゃん(# ゜Д゜)㌦ァ!!!。

・添乗員さん混浴っていってなかったじゃん( ̄▽ ̄;A 。

・同じツアーの男性では無かったよね…(;゜;∀;゜;)

・ツアーの人たちはどう対処したんだろう??

・旦那達は???

・てか旦那達じゃなかったよね…Σ( ̄∇ ̄||| 。



…あたまん中ぐるぐるぐるぐる。



日本でも混浴デビューまだなのに…
てか日本では混浴っていっても湯船に浸かるからまだましだよな( ̄▽ ̄;A こっちはフルヌードでこんにちは状態よ。









で、その後ロビーで待ち合わせていた相方&旦那さんに聞いてみた。













私達と全く同じコトをやっていた_| ̄|○。













『水着×マークあるから、まっ裸でミストサウナ入ったら、向かいに何故かドアがあって、金髪のおねーちゃん達が水着で入っていて…ビックリした。』そうです。













相方達もジャパニーズフルヌード披露_| ̄|○…













どうやら現地の人々は水着×マークを無視して入っているのね。
てか、あのマークは実は水着×じゃなくて「水着着用しなさい」マークなのか??でも普通のサウナ室にも同じマークあったぞ。



まぎらわしんじゃい(ノ ゜Д゜)ノ彡┻┻ ウリャー 。
英語表記くらい載せてくれい(。´Д⊂) (探してもとうとう最後まで見つけられなかった…)。


で、後日同じツアーの人に聞いたら、皆さん同じコトをしたそうで、あのバスタオルまいて入っていた人によると、ミストサウナには水着の人も真っ裸の人もいたそうです。男女とも。








…そういうお国柄なんですね。フリーな国。フィンランド。





まだまだまだまだつづく。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
シカは???

さて、フリーと言うか、
あいまいな国ですね。(笑)

やっぱ、英語表記くらいは
残して欲しいですよね。

正解は、どうなんでしょうね。
2007/ 02/ 10 (土) 17: 14: 12 | URL | シロー・アマダ # X.Av9vec[ 編集 ]
あれ?
シカについての返答は前回のコメ返しに書いたんだけどなぁ~。確認してみて下され( ̄∀ ̄*)イヒッ。

日本でも考えてみればそんなに英語表記って無いモンね。

外人さん温泉で戸惑ってる姿見受けるしね。

同じって言えば同じか。


2007/ 02/ 14 (水) 14: 02: 30 | URL | Mーり # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) たびへん。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。