たびへん。
フィンランドの旅行記なり。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものすごく長い1日(その3)
2007年 01月 24日 (水) 20:35 | 編集
とりあえず無事に一泊目の地レビに到着。

日本時間では夜中の1時です。

でもこちらは夕方の6時。

身体は眠りを求めますが、脳内では「いいや、まだ夕方の6時なの(゜Д゜)クワッ!」とそれを制御しようと致します。

|д゜)時差ボケに勝たなくては…。

因みに今夜のお宿は管理棟・宿泊棟(9つ程点在している)・スパ棟に別れています。お食事は数十メートル離れた管理棟まで歩いていきます。

何でも、ホテルの家具はフィンランドの建築家アアルトのデザイン、ベットカバーとかはマリメッコのモノらしい。
こだわりを感じさせますね(ノ∀`*)

heya.jpg

(ビデオから取り込んでるので画像が荒い…。)

しかもこの部屋、主寝室の他にも…木のぬくもりたっぷりな二段ベットのお部屋がある。

で、自炊用のキッチンまで(食器、調理器具はもとよりコーヒーメーカーや電子レンジ装備)付いてる。

kichin.jpg


バスルームに面白いモノ発見。

kansou2.jpg

でっかい冷蔵庫みたい(高さが2m程)。

上部にスイッチ発見。

kansou.jpg


フィンランド語なのでよく判らぬが、どうやら衣類乾燥機らしい。

さすが冬場の日照が少ない国だけあって日本の洗濯乾燥機とは比べモノにならないくらいでかい。

とりあえず夜の8時に添乗員さんがオーロラの見えやすいスポットに連れて行ってくれるそうなので、待ち合わせ時間まで部屋で準備。

外の気温はマイナス6℃。

とりあえずジーパンの上にユニクロで買った冬用のシャカシャカしたズボンをはく。
後はマフラーを首にぐるぐる。帽子を耳が隠れるようすっぽりかぶる。
上着を着て手袋はめて、カメラの準備もOK。

さていざオーロラ。

…しかし天気がイマイチ良くなく、雲が空を覆っています。

徒歩で15分くらい歩いたでしょうか。
とある湖に到着。
街の明かりが少ないココは絶好のオーロラ鑑賞スポットだそう。
空に向かって見上げるツアーご一行。

…30分経過。雲が薄くなってきた。
月明かりは綺麗だが、オーロラは見えず。

…てか雲なのかオーロラなのかよく判らず。

よく判らぬままだんだん寒さが身に堪え始めた。

9時半過ぎ、相方が「確かスーパー22時までって書いてあったから、先にビール買ってこない?」と言い始めたので、黙って立ってても足先が凍えるのでスーパーまで一旦戻ることに。

てくてくてくてく。

15分後スーパー到着。

…営業時間21時までって書いてあるΣ( ̄∇ ̄||| 。

がっくし。今日は酒飲めないぞ。

身体冷えてんのに…。

また来た道を湖まで引き帰る。

てくてくてく…

途中日本人の方と何人もすれ違う。どうやら今日はあきらめて帰る人たちの模様。

フト何下に相方と歩道の左横(月と反対側)を見上げてみる。

…なんかうす緑色のうすーーーーーい線がみえるんですけど|д゜)。

え?もしやアレが!!!!(確証はない)


てくてくてくてく…

途中あまりにも月明かりに雲が幻想的に絡み合ってるので見上げていたら日本人の方が通りかかり、すれ違いざまに「あれ、あのカップル雲とオーロラ間違えているよ(´∀`)y━~~ハハハ 」と笑われましたが…(ノ ゜Д゜)ノ彡┻┻オリャー。

更にてくてくてくてくてく…

添乗員さんと出会う。

緑色の線を指さし「あれそうですよね?」といったら、「多分オーロラですね。あれ(ノ∀`*)」と。

おっっっっっっっしゃっぁぁぁぁぁ!


頑張って湖まで戻る。

湖に着いた頃には緑の線が消えてしまっていました(。´Д⊂) 。


ずーっと粘っている個人客以外はどうやらツアーの方は帰られてしまった模様(だってこの時点で夜の10時半→日本時間朝の5時半…24時間以上起きてるコトになる人もいただろう…)。

「さっきの緑の線、消えちゃったね…(。´Д⊂) 」
「帰ろうか…(。´Д⊂) 」


と語り合って帰ろうと湖に背を向けたその時!


「かえっちゃだめっっっっっ!!!!(゜Д゜)!」

…とその場にいたおじさんに怒られた!

おじさんはどうやらしょっちゅうココでオーロラ観察しているオーロラ通の人みたいで、その人曰く「もうすぐ動きがあるから!!」とのこと。

で、おじさんに足止められたその時…

湖の向こう岸の空に右下側から緑色の光が強く光ってきた!!

その光はどんどん濃くなりすぅーーっと横の方に伸び始めた。

下の方は白っぽく輝き始めた!!!




おおおお!!!!゜+。:.゜ヽ(*´∀`)バ゜.:。+゜


す、凄いよおじちゃん。凄すぎるよ!!!



暫く(15分ほど)見入っていました。

ただこの日はこれ以上の動きはなさそうで。

さすがに23時になり、体力の限界を感じた私達はホテル戻ることに。


因みにこれは1日目に撮った写真なのですが…

IMG_0001.jpg


何せカメラが古いので、ISOをめいっぱい上げてもこんな程度にしかとれず(。´Д⊂) 。
しかも私のカメラに至っては、すぐに電池が寒さで無くなってしまうというハプニングに遭い、全く役に立たず(。´Д⊂) (次の日対策を講じたが意味無しだった…。)

まぁ、1日目にして(何となくではあるが)オーロラを「見る」コトが出来てとりあえず満足。

そして25時間貫徹&時差ボケに突入した私は結局2時間おきに目が覚めてしまい(だって寝始めたの日本時間で朝の6時半だものww)結局熟睡出来ぬママ次の日を迎えたのでした…。


2日目に続く…。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
フィンランドのホテルって、
食器や調理器具まであるんですね。
すごいですね。

オーロラの写真?
いや、霊が。
なんちゃって。ウソです。

前にNHKのテレビでオーロラの
画像を見たことありますけど、
とってもきれいですよね。
2007/ 01/ 24 (水) 23: 13: 00 | URL | シロー・アマダ # X.Av9vec[ 編集 ]
>シローさん

多分コテージみたいな感じなんでしょうね。きっと。近くにスキー場とかあるし。

オーロラまるで霊みたい(笑)

カメラの性能が良くないと、綺麗にとれない…。いとかなし(。´Д⊂) 。
2007/ 01/ 29 (月) 17: 32: 29 | URL | Mーり # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) たびへん。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。