FC2ブログ
たびへん。
フィンランドの旅行記なり。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものすごく長い1日目(その2)
2007年 01月 21日 (日) 13:11 | 編集
さて、10時間のフライトです。

この機内では「昼食」と「夕食(日本時間)」が出る予定。

離陸したのは丁度お昼前。

なので離陸直後に昼食となります。

機内アナウンスによると着陸1時間半前ぐらいに夕食が予定されているそうです。

アナウンスによると今日のメインディッシュは「豚肉の生姜焼き」だそうで。


食事が運ばれてくる前に飲み物のサービスが。

ビールとかワインも無料です。

さすがに昼なのでソフトドリンクを注文。

ぐびぐび飲んでいると料理が運ばれてきた。


おや?生姜焼き?

中身を見るとどう見ても「豚の角煮」だ。

結構肉厚の角煮が3コ。粒山椒入り。横に御飯ときんぴらが添えてある。
茶そばやサラダ、パンも付いてる。

でね…旨いのよ゜+。:.゜ヽ(*´∀`)バ゜.:。+゜。


多分今までの機内食経験で一番旨いかも。

後日、家に帰ってネットで見てみるとFINNARIRの機内食はレベルが高いそうだ。納得。

二人して黙々と食べているとお茶のサービス。

相方コーヒー、私紅茶を頼む。

コーヒーは私にとって下剤なの←お通じが良くなり過ぎちゃう。大好きなんだけど|゜Д゜)))コソーリ

で、何故か私はこの日ものすごくトイレが近かった。気持ち悪いくらい。

私達の席は3列シートの窓側と真ん中。通路側には白人の男性が座っている。

私がトイレに立ち上がる度に彼はご丁寧に通路に立って道をあけてくれる。そのたび「excuse me」や「sorry」を繰り返す。

大分後に相方がトイレに立つ時、同じように「sorry」といったら…その男性…。

小声で「いえ、大丈夫ですよ」とはっきりと日本語で言ったらしいΣ( ̄∇ ̄||| 。


なんだ、日本語達者な方なんじゃ…(´∀`)y━~~ハハハ 。



その後キャビンアテンダントからの怒濤のドリンク攻撃(嬉)に合い、結局機内で水2杯・オレンジジュース2杯・グレープフルーツ・アップル・紅茶・お茶とたっぷり飲み(断れない日本人ww)、それに比例しておトイレにも頻繁に行き、フト周りを見回すとアメリカンな青春スクールライフ的な(NHKとかでやっている奴)映画が上映されていた。

どうせイヤホンで聞いても判らないのでボーっと眺める。

多分今頃ロシア上空。

ぼーっと外を眺めていると綺麗な月。

IMG_0677.jpg


思わず撮る。

その後トイレに行きたくなるも、横を見るとお二方(相方・白人男性)とも爆睡。

尿意を我慢。

気を紛らわすためにケータイを取り出し(勿論圏外)日記なんかを打ち込んでいると…日本人キャビンアテンダントの方に注意される。圏外でも電子機器だから駄目なのか…。カメラは良いのに。

あ、白人男性が立ち上がった!今がチャンス!
相方をたたき起こしトイレへ。

…そんなトイレタイムを3回は繰り返しただろうか…。

お腹はチャポチャポだが夕食タイムへ突入。

IMG_0681.jpg

(これは写真撮った(*´∀`人))

ビーフシチューにマッシュポテトとパンとマフィン。

さすがにパンを食べることが出来ず。

外を眺めるとだんだん明るくなってくる。

時刻は14時。そうだ。日本は7時間進んでいる。今頃夜の9時だもんね。



さて、そうこうしているうちに添乗員さんがやってきた。着陸した後の集合場所の確認と、液体物の処置についての確認だ。


実はつい最近ヨーロッパ(EU加盟国)入国に関して、セキュリティ強化のため、液体および練り物(口紅とか)の機内持ち込み手荷物の点検が厳しくなっているのだ。
簡単に説明すると、液体類は1つ1つが100ml以内の瓶のみ。そしてその液体類が1リットル以内の容量の密閉式の袋に(簡単に表すと20cm×20cmの大きさのジップロックみたいな奴)に密閉してカバンから出して提出するとのこと。

実は途中でジップロックが破けてしまったため、あまり密閉力が高くない袋(ジッパー式)に入れていたので、小心者の私は添乗員さんに大丈夫か確認。
…そこまで密閉に対して神経質にならなくても良かったようだ…。

とりあえず基本「一泊分の荷物」を手荷物として持ち込んでいたので(スーツケースがどこかに行っちゃう最悪のことも考えて)液体物が入った袋はパンパン。

さて。そうこうしているうちにヘルシンキ空港到着。

まずは手荷物のチェック。
液体類も何事もなく通過。

さて金属探知器も通る。

関空では引っかかった私(ブーツの金具。靴脱いだらOK)もヘルシンキの空港では難なく通過…緩くないか?セキュ…(以下自粛)。

で入国審査。

「コンニチハ」とにこやかに挨拶される。終了すると「ヨイタビヲ!」と声をかけられた。…結構日本人入国する国なのね。

そして乗り継ぎ。


ヘルシンキは曇天。雨まで降ってきた。

IMG_0683.jpg



でも飛び立つと雲の上は綺麗な夕空。

IMG_0684.jpg


国内便でキッティラまで向かう。今日はキッティラの近くにあるレビという村にあるホテルに泊まる。

機内ではサンドイッチが出た。
日本のサンドイッチとは違い、硬めの丸いパンにチーズが挟んである。
なかなか。しかし食べてばっかり(´∀`)y━~~ハハハ 。

あっという間にキッティラ到着。

IMG_0686.jpg


空港の建物が電飾で飾られてものすごくカワイイ(*´∀`人)。
タラップからおりると意外と寒くない。とうとう来ました北極圏。

建物内がこれまたクリスマス風な飾りでカワイイ(*´∀`人)。
さすがサンタの国フィンランド。

この時点で午後6時近く。外は真っ暗。


これから一路ホテルに向かう。



まだまだ1日目は終わらないのです…(´∀`)y━~~ハハハ。

続く。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) たびへん。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。